Inter Action

「検査用光源装置」と
「瞳モジュール」の流れ

スマートフォンやデジタルカメラ等の飛躍的な進化と爆発的な普及により、
各種デバイスは以前とは比べものにならないほど身近になりました。
また、それに伴い、今では誰もがクオリティの高い写真や動画を撮影することが出来、
まさにそれらのデバイスは、多くの人の日常において、欠かすことの出来ない存在になったといえます。

Process瞳モジュールができるまで

世界トップシェアを誇る「CCD-C-MOSイメージセンサ検査用光源装置」

スマートフォンやデジタルカメラ等の飛躍的な進化と爆発的な普及により、各種デバイスは以前とは比べものにならないほど身近になりました。
また、それに伴い、今では誰もがクオリティの高い写真や動画を撮影することが出来、まさにそれらのデバイスは、多くの人の日常において、欠かすことの出来ない存在になったといえます。
私たちインターアクションは、そうしたスマートフォンなどのデバイスにおける“心臓部”、 CCD-C-MOSイメージセンサ※の製造に欠かせない「検査用光源装置」を開発・製造しています。
高品質なデバイスに組み込まれるイメージセンサの製造・検査工程では、品質や検査の精度向上を図る為、非常に高度な光学技術を求められます。
そうしたなか、色、強度、角度を緻密に制御し、安定的かつ均一な光を照射することが出来る弊社のイメージセンサ検査用光源装置は、イメージセンサの良否判定に欠かせない装置として、世界トップシェアを獲得しています。

※光を電気信号に変換する半導体

光源と瞳モジュールで検査します
シリコンウエハーを切り分けます
CCD・C-MOSイメージセンサとなります
場合により別の検査を施す事もあります
レンズと組み合わせカメラモジュールとなります
製品に組み込まれます

インターアクション第二の主力製品「瞳モジュール」

「イメージセンサ検査用光源装置」の開発・製造で培われた高度な光学設計技術から生まれたのが、第二の主力製品「瞳モジュール」です。カメラモジュール用CCD-C-MOSイメージセンサのウエハー検査に用いられる「瞳モジュール」は、 お客様ごとに異なる最終製品が実際に使用される光学環境を再現し、製造工程の早い段階から、 実環境に近い光学特性下で、個別のチップの良品・不良品を判別できる正確な検査を可能とします。また、これまでは、最終工程で判明していた、製品の良・不良が早期に分かるため、多くの現場で、生産性の向上に貢献しています。